月別アーカイブ: 2月 2018

PR: LiveTree – the Beginning of the End of the Centralized Entertainment Industry

LiveTree - Decentralized Entertainment IndustryOver the decade, our approach to content has changed drastically. There was a time when VHS was the source of entertainment and household fights revolved around “Who taped over the birthday with the basketball?” Subscription and Video-On-Demand services like Netflix changed things for the better by providing much better access to content. With time, we have come to realize that this digital model of entertainment is full of loopholes. These Internet behemoths are so centralized regarding operation that they have done nothing but replace Hollywood’s age-old opaque practices. With so many technological changes happening around us every other day, it is time to resist this abnormal behavior.
Entertainment has always been a dominant force in shaping the society. Catchphrases and epic scenes from movies or TV shows often become almost natural parts of the cultural fabric as a frame of references and collective cognizance. Our values, our culture, and sometimes even our future is guided by entertainment.

The post PR: LiveTree – the Beginning of the End of the Centralized Entertainment Industry appeared first on Bitcoin News.

Korea Investigates 20 Public Companies for Using Crypto Claims to Boost Share Prices

Korea Investigates 20 Public Companies for Using Crypto Claims to Boost Share PricesThe South Korean financial authorities are investigating 20 publicly listed companies for unfairly using cryptocurrency claims to boost their share prices. Crypto-related companies do not always follow through with their plans after seeing their share prices surge. Also read: Indians Look to Buy Bitcoin Overseas as Regulations Tighten Investigating 20 Companies The South Korean Financial Supervisory […]

The post Korea Investigates 20 Public Companies for Using Crypto Claims to Boost Share Prices appeared first on Bitcoin News.

スティーブン・セガール、ビットコイインの親善大使になる

どうにも説明できません。だって、今まさにICO(新規仮想通貨公開)をしている最中で、まだ存在していない通貨ですから。Bitcoiinの取扱い元は、送金コストは10分の1、マイニングも2倍3倍と、どこをとってもBitcoinよりも優れているとアピール。さらに、オリジナルBitcoinに乗り遅れた人は今がチャンス!とあおりまくっています。

スティーブン・セガール、ビットコイインの親善大使になる

何がなんだかわからないニュースです。最近ではセクハラ疑惑で名前が挙がっているアクション俳優のスティーブン・セガール氏が、どういう経緯かとある仮想通貨の親善大使を務めることとなりました。仮想通貨にはあれこれ種類がありますが、セガール氏が顔となる通貨は「Bitcoiin」。いいえ、スペルミスではありません。

Bitcoin.org Owner Asks the Community to Change Bitcoin’s Central PoW Algorithm

Bitcoin.org Owner Asks the Community to Change Bitcoin's Central PoW AlgorithmThis week the owner of the web portal Bitcoin.org and Bitcointalk, a pseudonym called Cobra wrote an open letter to the bitcoin community asking them to think about changing the Bitcoin core network’s Proof-of-Work algorithm. Also read: Ross Ulbricht Denied Post-Conviction Relief Extension Bitcoin.org Owner ‘Cobra’ Says Bitcoin Mining Is Controlled By One Man and His […]

The post Bitcoin.org Owner Asks the Community to Change Bitcoin’s Central PoW Algorithm appeared first on Bitcoin News.

ビットコインを超えていけ。米経済紙も取り上げた、次に来る暗号通貨=高島康司

そのため、週単位で新しいテクノロジーが、それこそ雨後のタケノコのように現れている。 特にブロックチェーンに関連したテクノロジーは、新しいアルトコインの生成やICOを伴うので、投資の対象になりやすい。 いま出現している新興企業のなかから、第4次産業革命を担う次世代のアマゾンやグーグルがかならず出てくるだろう。

またも盗まれた暗号通貨仮想でも紙幣でも、一番のリスクは自分自身=俣野成敏

今回の特集の中で、「仮想通貨の価値とは論理的、客観的に取引を証明できる点にある」ことを再三にわたってお伝えしてきました。にも関わらず、「仮想通貨は何かあれば取引記録を改正できる」というイメージが定着してしまえば、その価値を担保するのは難しくなるでしょう。仮想通貨を取り扱う業者には、常にこうした誘惑が …

複数のアナリスト:2018年はビットコインが発展を遂げる最高の年になると確信

本年、多くの仮想通貨の価格が軒並み暴落しましたが、今後は価格面、技術面ともに大きな進展が見られると予想されています。ビットコインでは、スケーラビリティ問題への解決策としてSegwit、ライトニングネットワークといった革新的な技術が提案されています。

SLAY 仮想通貨プレゼントで詐欺を撲滅する

主に若年層などの発信を促す企画で仮想通貨で対価を不正の出来ないフローで配布をする。 若年層/業界全体の盛り上がりを担い、クリーンさで業界のシェアを取り詐欺を撲滅現実問題、企画側は資金枯渇しているので志に同意して頂ける方からの支援を募集します。 埋め込み …